ハマブン句会 投句箱
「ハマブン句会」投句箱へようこそ!

[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



もし、間違えてしまったら、掲示板に「○○番削除してください」と書き込むか
箱の番人へメールを頂ければ、こちらで削除します。
箱の番人へのメールはこちらから
https://hamabun.x0.com/kukai/mail/


入賞句・選者のコメントです。  投稿者:箱の番人 投稿日:2022/05/06(Fri) 11:24 No.77

折山正武選
特選 
  一斉に蛙の合唱母の郷
 久しぶりに故郷へお帰りになったのでしょう。帰郷を歓迎するかのように蛙が合唱した。技巧のない自然な詠みぶりに好感を持ちました。句の姿も整っていると思います。

秀逸
  降るたびに声のふくらむ蛙かな
 面白い捉え方です。蛙が鳴く時に喉がふくらむのを声がふくらむと表現されたのだと思います。雨が降るたびにふくらむ、しかもそのふくらみがひと雨ごとに大きくなっていきそうです。切れ字「かな」も上手く収まっています。

  白壁の揺るぐ青柳蔭ほのか
 白壁と蔭の句はよくありそうにも思いますが、作者は所謂類想などという観念はなく作られたと思います。たしかに白壁と蔭は印象的ですから、句にしたいという気持ちはよく解かるし、尊重したいと思います。

並選 
   牛蛙顔がなくなる大欠伸
 俳味たっぷりの句です。私はその情景を見たことはありませんが想像して笑えます。如何にもありそうです。口語的表現が味を深めているように思います。拍手。  

  静かなる白壁の街夏日影
 「静かなる」と説明しないで分かる五音の情景描写がないかと思いましたが難しいでしょうか。人通りの少なくなった旧い街並みが想像されます。尚、「夏日影」の影は陽光を謂い所謂物の蔭ではありませんね。「かぐやひめ」の「かぐ」や「輝く」の「かが」も同じ語源です。

星伸予選
特選
  青嵐シェークスピアの壁の穴
 真夏の夜の夢 「ホール・イン・ザ・ウオール」恋人同士が壁の穴を通してささやきあう。これは二人が結ばれるまでの障害を壁にたとえています。
青嵐は万緑をゆるがして吹きわたる風。「青嵐と万緑」これ以上の恋人同士がいるでしょうか。壁=行き止まり(暗)のイメージが穴という突破口(明)
発想もいいと思いました。

秀逸
  荒壁の鏝の返しや青嵐
 下塗をした壁に補修なのか仕上げ塗なのか。「鏝の返しや」に熟練された仕事ぶりが  想像出来ました。青嵐の季語が職人の爽快で明るい人柄まで見えてくるようです。

  どくだみは母の残り香深庇
 ドクダミの葉はハート型で臭いが強く、民間薬の原料として昔から重要とされています。母という存在は困った時には頼ってしまうけれど、普段は少々うっとうしい存在(私個人の感想)この句に惹かれたのはそういうことかもしれません。「母の残り香」は久しぶりに作者が実家戻られたのか、もうそこにお母様がいらっしゃらないのか。深庇が残り香を深めているような気がします。そういえば母の日が近いですね。

並選
  夏めくやカンタービレに川の音
「カンタービレ」はクラシック音楽では、イタリア語・発想記号で「歌うように、表情豊かに。」という意味。「夏めくや」の切れがいいと思いました。カンタービレが流れのほど良い強さ、水量、そしてそれを聞いている作者の心情が分かります

  雨粒を受けて半眼青蛙
 ニホンアマガエルは、雨が降る前に鳴くことがあるそうです。雨粒ということは降り始めでしょうか。上五下五の「雨……」は湿度が感じられ、声に出して気持ちのいい句だと思いました。半眼の蛙の可愛らしさが伝わります。




2022年4月の入選句の発表です  投稿者:箱の番人 投稿日:2022/05/06(Fri) 10:10 No.76

5月4日に選句の会が開かれました。
入選句が決まりました。入選された皆様、おめでとうございます。

 実画像サイズ:971 x 597  




4月の投句箱 投句一覧です(俳号は消してあります)  投稿者:箱の番人 投稿日:2022/05/01(Sun) 18:32 No.75

四月の投句箱
兼題 壁
@乗り越える壁の向こうは虹かかり     
A朧夜の壁の落書き子は嫁に        
B青嵐シェークスピアの壁の穴       
C雨蛙珪藻壁を登りをり          
D白壁の揺るぐ青柳蔭ほのか         
E荒壁の鏝の返しや青嵐        
F盲壁仄とリラの香透かしけり      
G春灯や壁へ伝わる淡き影        
H海渡り帰宅の壁に青蛙         
I静かなる白壁の街夏日影         
J鯉幟翁は爽と壁テニス         
K姫路城真白き壁や春の月        
L白壁に影大揺れの朴の花        

兼題 蛙 青蛙 雨蛙
M蛙飛ぶ木の間の水面輪になりけり     
C雨蛙珪藻壁を登りをり          
N河鹿鳴く清水こぼるる大菩薩       
Oあたり来ぬ釣りや蛙の目借時       
P牛蛙顔がなくなる大欠伸         
Q硝子戸に腹を見せたる痩せ蛙       
Rひと啼きをお願い申す雨蛙       
S降るたびに声のふくらむ蛙かな     
H海渡り帰宅の壁に青蛙         
㉑別れ来て蛙の声のする方へ        
㉒雨粒を受けて半眼青蛙        
㉓蛙泳ぐ前足所在無しにかな       
㉔一斉に蛙の合唱母の郷         
㉕植える手の親父そっくり青蛙      
㉖二つの目青の中より青蛙     

自由題
㉗五月雨に旅に向かうや時近し       
㉘夏めくやカンタービレに川の音      
㉙今年竹ひと夜に塔を下に見て      
㉚朧月家路へそぞろ歩きかな       
㉛観覧車天空に座す光る風        
㉜春うらら絵本背表紙ひうふうみい    
㉝篝火に煌めく神輿納めかな       
㉞青葉山だいだらぼっちのサラダかと   
㉟どくだみは母の残り香深庇       
㊱2Bのひらがな濃し一年生    
㊲退職の妹の上京豆の花      

尚、、選句の会は 5月4日(水)20時〜です。


投句ありがとうございました。  投稿者:箱の番人 投稿日:2022/05/01(Sun) 12:31 No.74

投句箱の蓋が閉まりました。
今月は37句、いただきました。
投句箱が新しくなって、初めての投句でした。
使い勝手はいかがでしょうか?
ご意見などお聞かせいただければ嬉しいです。
ご意見もこの投句箱か、箱の番人宛メールでお願いします。


無題  投稿者:碇久枝 投稿日:2022/04/30(Sat) 18:01 No.73

二つの目青の中より青蛙
2Bのひらがな濃し一年生
退職の妹の上京豆の花


兼題&自由題  投稿者:角番 投稿日:2022/04/30(Sat) 12:26 No.72

白壁に影大揺れの朴の花
植える手の親父そっくり青蛙
篝火に煌めく神輿納めかな
青葉山だいだらぼっちのサラダかと
どくだみは母の残り香深庇


無題  投稿者:珠子 投稿日:2022/04/30(Sat) 08:42 No.71

蛙 一斉に蛙の合唱母の郷
壁 姫路城真白き壁や春の月
自由題
  朧月家路へそぞろ歩きかな
  観覧車天空に座す光る風
  春うらら絵本背表紙ひうふうみい


兼題  投稿者:孤山 投稿日:2022/04/29(Fri) 09:45 No.70

鯉幟爽と翁の壁テニス


兼題  投稿者:雄風 投稿日:2022/04/28(Thu) 17:34 No.69

静かなる白壁の街夏日影


兼題  投稿者:そよ風 投稿日:2022/04/27(Wed) 17:11 No.68

 蛙泳ぐ前足所在無しにかな

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
今日 昨日

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
- JOYFULYY v2.50a(改) :Edit by dosman -